【蕎麦 お取り寄せ】おうちで名店の本格手打ち蕎麦を楽しむ!Vol.6 へぎそば『小嶋屋総本店―新潟』

スポンサーリンク

名店の本格手打ち蕎麦をお取り寄せで楽しむ!


アフターコロナ新しい日常/新しい生活様式が定着したことで、丼もの蕎麦前の一品料理のテイクアウトを始めるお蕎麦屋さんも増えてはきましたが、茹でたお蕎麦はどうしても伸びてしまうこともあり、なかなかお店でいただく本来のおいしさを、自宅に持ち帰って楽しむことは難しいですよね。

全国のお蕎麦屋さんのテイクアウト情報まとめ

そこで、皆さまに全国名店の美味しいお蕎麦をおうちで楽しめる、私が実際にお願いしたお蕎麦屋さんの『お取り寄せ』を紹介させていただきます!

今回はそのVol.6となります。

以前のお蕎麦の名店のお取り寄せについては、下記よりご覧くださいね。

Vol.1『手打ち蕎麦naru』さんのお取り寄せは【こちら
Vol.2『手打ち蕎麦 彩春-つくし-』さんのお取り寄せは【こちら
Vol.3『庄司屋』さんのお取り寄せは【こちら
Vol.4そばの実』さんのお取り寄せは【こち
Vol.5山笑』さんのお取り寄せは【こちら


Vol.6 【小嶋屋総本店】

小嶋屋総本店

新潟のお蕎麦といえば、『ふのり(海藻)』を繋ぎにしたお蕎麦を、『へぎ』と呼ばれる器に一口大に綺麗に盛り付けた『へぎそば』が有名ですよね。

第六回目の本日は、そんな『へぎそば』の老舗【小嶋屋総本店】さんの、お店で提供されている味をそのままに、 皇室献上品の『挽きたて、打ち立て、茹でたて』の『三たて』をおうちでも楽しめる、お取り寄せを紹介させていただきます!

バナナマンのせっかくグルメ!!』では、中野屋さんのへぎそばがご紹介されていましたよね。

是非『小嶋屋総本店』さんのお取り寄せをご活用して、美味しいへぎそばをご自宅で楽しまれてくださいね。


お取り寄せ方法

小嶋屋総本店】さんの下記ホームページにアクセス頂き、『ショッピングサイト』のタブより、お取り寄せの商品を選択して下さい。

[  http://www.kojimaya.co.jp/index.html  ]

水だし蕎麦茶』や『ゆず七味』、『特製天ぷら粉』も通販でお取り寄せできるので、是非、生そば以外もあわせてお楽しみ下さいね。



お取り寄せメニュー

・生へぎそば 3人前 2,268円
・へぎそば (乾麺) 5袋 3,348円
・小嶋屋総本店のめんつゆ 496円
・水出しそば茶12g(ティーパック)×14袋 594円
・ゆず七味50g 756円
・特製天ぷら粉(625g) 540円

小嶋屋総本店】さんのホームページでは、写真付きでお蕎麦へのこだわりのポイントなども掲載されているので、是非気になった方は【こちら】からホームページへ飛んで、お取り寄せを検討されてみてくださいね。


今回のお取り寄せ

今回【小嶋屋総本店】さんから『生へぎそば 3人前』をお願いさせて頂きました。

注文して数日、

小嶋屋総本店のお取り寄せ

クール宅急便にて午前中に無事に受け取ることが出来ました。

いつもの様にわくわくしながらまずは開封していくと、

小嶋屋総本店のへぎそばのお取り寄せ

生の『布乃利つなぎのへぎそば』3人分と、『めんつゆ』、そして薬味の『ゆず七味』と『すりごま』が同封されていました。

小嶋屋総本店のお取り寄せ

袋の裏面に、生そばの茹で方が載っていますので、お蕎麦を少し室温に戻してから、早速、美味しい『へぎそば』をいただく準備をしていきましょう!


早速、調理開始!

1.蕎麦を茹でるときに大切なことは、すべての準備を事前に整えることと、すべての工程をすばやく進めていくことです。

まずはいつもの様に、水からあげたお蕎麦をすぐに「いただきます!」出来るように、下記を事前に準備しておきましょう。

・ご家庭にある出来るだけ大きなお鍋
・菜箸
・タイマー
・すくい網
・そばを冷やすためのボール

そして、おつゆや薬味も事前にテーブルにセットしておくようにしましょう。

小嶋屋総本店のお取り寄せ

2.常温に戻した生そばを少しほぐしておきます。

小嶋屋総本店のお取り寄せのへぎそば

3. たっぷりの水を張った大き目の鍋でお湯を強火でぐつぐつと沸騰させます。

4.お湯がしっかりと沸騰したら、強火のまま、お蕎麦を1束~2束程度を、バラバラといれていきます。

5. お蕎麦を入れるとお湯の温度が少し下がってしまうので、強火のまま、蓋もして、出来るだけ温度を保つようにしつつ、箸で軽くかき混ぜながら、お蕎麦をお湯の中で泳がさせて、くっつかないようにします。(お湯が吹きこぼれそうになったら、少し火加減を調整してください。)

6.茹で過ぎないように1分50秒をタイマーしっかりとはかり、手早く準備をしておいた氷水にすくいざるであげて、さらします。

6.流水で2~3回良く洗って、水を切ります。

7.一口ずつ綺麗にもって、完成です!
*今回も毎度のことながら、なかなかお店のように綺麗な盛り付けは難しいものですね。

小嶋屋総本店のお取り寄せのへぎそば

つるつるしこしこのへぎそばを早速いただきましょう!

小嶋屋総本店のお取り寄せのへぎそば

つなぎに使っている『海藻(ふのり)』のおかげもあって、少しぬめり気のある『へぎそば』は、とてもつるつるとした滑らかな「のど越し」と、独特の「歯ごたえ」を存分に楽しめます。

小嶋屋総本店のお取り寄せのへぎそば

たっぷりとおつゆに絡めて手繰ると、つるつるとのどを冷たいお蕎麦が通っていき、大変に美味しいです!

生そばの茹でる方』にしっかりとそって茹で上げたので、失敗がなく、とても美味しく茹でられました。

折角なので蕎麦前もご紹介

ちなみに、本日は美味しいお蕎麦を頂く前に、折角なのでおうちde蕎麦屋酒気分を味わおうと、

蕎麦の実と冷ややっこ

ミョウガと炒った『蕎麦の実』を添えて、いつもの冷奴に香ばしさとかりっとした触感を楽しめる『蕎麦の実冷奴』と、

厚揚げの納豆挟み焼き

お揚げさんに納豆を挟んだ『納豆揚げ焼き』を蕎麦前に一杯楽しみ、最後の〆に、美味しい『へぎそば』をいただきました。

今後も、こうした蕎麦前おうちde蕎麦屋酒気分を味わえる一品料理のレシピなども紹介していきたいと思っていますので、あわせてお楽しみ下さいね!

さて、美味しいお蕎麦もあっという間に手繰り終えてしまい、

蕎麦湯

最後にお蕎麦の旨味がたっぷりと出た『蕎麦湯』でホッと一息ついて、

ごちそうさま

ごちそうさまでした!


最後に

今回は新潟の【小嶋屋総本店】さんから大変に美味しい本格的【へぎそば】のお取り寄せをご紹介させて頂きました。

生そばの茹で方』の手順書も同封して頂けたこともあって、本当に美味しいお蕎麦をお家で楽しむことが出来ました。

是非気になった方は【小嶋屋総本店】さんの【ホームページ】よりお取り寄せして、おうちでの美味しい本格的なへぎそばを楽しまれてみてくださいね!

とはいえ、やはりお店で頂くのが一番ですよね。

一日も早くお店で蕎麦屋酒も楽しみながら、美味しいお蕎麦を頂けるようにと、今はお取り寄せテイクアウトで応援していきたいと思います。

次回からも全国のお蕎麦の名店のお取り寄せをご紹介していきますね。

お楽しみに!


Vol.1『手打ち蕎麦naru』さんのお取り寄せは【こちら
Vol.2『手打ち蕎麦 彩春-つくし-』さんのお取り寄せは【こちら
Vol.3『庄司屋』さんのお取り寄せは【こちら
Vol.4そばの実』さんのお取り寄せは【こちら
Vol.5山笑』さんのお取り寄せは【こちら


にほんブログ村 グルメブログへ

スポンサーリンク